地面を調べる

地盤は、建物を安全に支える上で、重要な役割を果たします。この地盤が不均一であると、様々な土地災害が引き起こされ、建物に大きな損害を与えます。大切な建物を守るためにも地盤調査を行い、適切な地盤改良を行なうことが大切なのです。

地盤をチェック

住宅を建設する時、最近では地盤調査を行い、結果により地盤改良工事を行うことが主流となっています。しかしし、地盤改良工事は見えない文不安に思うこともあります。そのため、しっかりと相談をすることが大切です。

環境に良いエネルギー

東日本大震災によって原子力エネルギーに不安がみられる中、様々なエネルギー産業がみられるようになりましたが、地中熱利用エネルギーも注目される存在になってきました。地中熱利用は環境に優しいというメリットがあります。

調査する

地盤の特性をしっかり判断してくれるので、安全な工事が行なえます。平板載荷試験は専門業者に行なってもらうようにしましょう。

料金表示が明確で利用しやすい。さく井工事を迅速丁寧に行なってくれる会社はココですよ!事前の調査は無料で行なってくれます。

地面は、一定の広さの平らな土地ですが、その地下構造に関しては、対象となる地面によって異なります。一見安定した土地でも、台地由来や湿原由来など、その前提となる状態によって、力学的な強度などなどが大きく異なるのです。 そこで、実際に特定の地面を利用する前には、地質調査が必須となります。土地の販売業者などが、自前で建造物を設置するなどしない場合でも、販売に際して、土地の状態について明示するためにも、地質調査は必要な手続きなのです。 このような調査においては、販売業者側の経済的負担において、調査の一般的な項目にしたがって、力学的な強度や化学的な組成に関して調査を行い、その結果を購入希望者に提示することになります。

しかし、宅地あるいは工業用地などの概括的な利用目的に対して、実際の土地の利用のあり方はまちまちです。そのため、本来地質調査に関しても、その具体的な利用目的に沿った方法でなされることが合理的です。 この場合、特に必要なら、購入者側の負担で地質調査をやり直すことになりますが、これでは調査の重複となってしまいます。業者側での調査費用は、販売価格にも反映されるので、購入者側で、二重の負担をすることにもなってしまいます。 そこで、特定の土地に関しての調査については、販売者側と購入者側で協議し、双方の負担で利用目的にかなった調査を行うという方法が合理的だと考えられるのです。これによって、調査に関する費用を全体的に圧縮することができるのです。

土地を購入する前には、地盤調査が必須です。地盤が弱い土地の上に住宅を建てると、自信などで倒壊する恐れがあります。

地中熱利用を検討中の方にオススメの業者があります!システムの設計や設置を行なってくれるので、相談すると良いでしょう。